インドネシアの観光 ローレンツ国立公園に行く準備ができて ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション ローレンツ国立公園には、地域社会の自然美と独特の文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 これは驚くべきローレンツ国立公園で、東南アジア最大かつ完全な世界遺産です。 この公園は、東南アジアまたは太平洋の生物多様性の最も完全な生態系を表しています。また、氷河のある世界で唯一の熱帯地域の1つでもあります。 雪に覆われた山頂(標高5,030 m)から沿岸水域とマングローブ林まで伸び、アラフラ海に面しているこの驚くべき生態学的な範囲は、高山から低地や湿地の植生地域にまで及びます。 政府は、自然の保護と森林の状態の維持に細心の注意を払っています。 環境もよく維持されています。 アクティビティ ローレンツ国立公園を訪れ、私たちはユニークな伝統文化での日常的なコミュニティ活動を目撃します。そして、おいしいとおいしい料理ツアーの一部として特別な料理や食べ物があります。 この場所では、毎年定期的に開催される国内および国際的なイベントやアクティビティもあります。 生物多様性が非常に高いことに加えて、公園にはプンチャックジャヤの氷河や、バリエム渓谷の数キロメートルにわたって地下に消える川などのユニークな特徴もあります。 この公園には、湿地林、河岸林、サゴ林、泥炭林、沿岸林、サンゴ礁、斜面/平地雨林、山腹の雨林、山地を含む、公園の森林地域を構成する34の植生があります。森林、草原、苔で覆われたエリア。 この公園で育つ植物の種類には、ニパ(Nypa fruticans)、バカウ(Rhizophora apiculata)、パンダナスジュリアネッティ、Colocasia […]

インドネシアの観光 ダニ族の故郷バリエム渓谷に行く準備ができて ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション ダニ族の本拠地であるバリエム渓谷には、地元コミュニティの自然の美しさとユニークな文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 人口学的には、バリエム渓谷はダニ族の故郷です。 美しいバリエム渓谷の場所は、標高1,600メートルのパプア中心部の山中にあります。緑の山の壁には、ダニ族の家があります。 バリエム渓谷は長さ72 km、幅15 km〜31 kmの場所です。グランドバレーに流れ込む北部のトリコラ山を源とするバリエム川によって切断されています。 アラフラ海にゆっくりと注ぐ大きな泥の川になるために、蛇行し、さらに南へ急行して1500メートル落下します。 谷を発見した最初の部外者はアメリカのリチャード・アーチボルドで、1938年6月23日、水上飛行機から、ゴツゴツした山頂に囲まれたサツマイモの段々になった緑の畑が点在するこの素晴らしい谷を突然目撃しました。これはインドネシア独自のシャングリラです。 石器時代からつい最近登場したダニは、「穏やかな戦士」として知られています。それにもかかわらず、彼らは石と骨のシンプルな道具を使って、丘を抱きしめて根菜を育て、豚を育てる緑の野原を作ることができました。また、敵の部族から谷を守るために前post基地と展望台を建設しました。 肥沃な土壌と農業技術により、ダニ族とヤリ族とラニ族の部族は、パプアで最も人口が多く、急な山の斜面の庭近くの小さなコミュニティに散在しています。 今日では、バナナ、サトイモ、ヤムイモ、生inger、タバコ、きゅうりも栽培しています。 男性用と女性用の小屋(地元ではホナイと呼ばれます)には厚いthatき屋根があり、日中は小屋を涼しく保ち、寒い夜は暖かく保ちます。 政府は、自然の保護と森林の状態の維持に細心の注意を払っています。 環境もよく維持されています。 […]

インドネシアの観光 ジャヤプラ市に行く準備ができて ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション ジャヤプラ市には、地域社会の自然美と独特の文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 ジャヤプラは、人口10万人以上のパプア州の首都です。この都市の住民はインドネシアの多くの部分から来ているので、これは多文化のニュアンスを持っている都市です。 ジャヤプラは東パプアにあり、パプアの内部への冒険旅行をしたい多くの旅行者の出発点です。 政府は、自然の保護と森林の状態の維持に細心の注意を払っています。 環境もよく維持されています。 アクティビティ ジャヤプラ市を訪れて、私たちはユニークな伝統文化の日常的なコミュニティ活動を目撃します。そして、おいしいとおいしい料理ツアーの一部として特別な料理や食べ物があります。 この場所では、毎年定期的に開催される国内および国際的なイベントやアクティビティもあります。 訪問者は、あらゆる種類の冒険のために旅行するためにここに来ます。ここで、遠隔地のバリエム渓谷へのトレッキングを開始したり、論文のために持続可能なワニ保護の研究を行ったり、カメラでセンタニ湖とその文化の魔法をキャプチャする準備をしたりできます。 緑豊かな丘の上には、街を眺めるのに最適な赤と白の通信塔があります。これはパプアで最もエキサイティングなアクティビティではないかもしれませんが、方位を把握してこの地域の広さを知るには良い方法です。 ジャヤプラは、結局のところ、地球上で最も大きな島の1つへの特別な旅への入り口にすぎません。 パプアを探索しようとする旅行者のハブとして、またインドネシアの他の地域へのハブとして機能するジャヤプラは、旅行者に慣れており、いつでも訪問者を迎える準備ができています。 ここは、エキゾチックなパプアの冒険を始めて、手付かずの世界の文化と風景を取り入れる場所です。 この地域の自然のままの海と多様な海洋生物を体験したい人にとっては、ジャヤプラから60 kmにあるタナメラベイはシュノーケリングに最適です。 […]

インドネシアの観光 アスマットの人々に行く準備ができてパプアの創造的な木彫師 ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション パプアのアスマットピープルザクリエイティブウッドカーバーズには、自然の美しさと地域社会のユニークな文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 「アスマット」という名前は、アスマットによれば「正しい人」という意味のAs Akatという言葉に由来していると考えられます。 他の人は、アスマットという言葉は「木から来た男」という意味のオサマットという言葉に由来すると言います。西のアスマットの隣人であるミミカは、しかし、その名前は部族の言葉に由来していると主張しています。 パプア島のインドネシア部分の広い南東の土地は、多くの川によって鋸歯状にされたマングローブ林が生い茂った平らな平野で構成されています。 これらの平野は非常に低いため、雨季の満潮時には、海水は内陸の約2 kmに浸透し、干潮時に海に2 kmに流れます。 干潮時には、平原は泥だらけで通れません。これは世界最大の沖積湿地であり、湿原林とアラフラ海に注ぐ蛇行する川の低地です。 ここには、ワニ、灰色のナースサメ、ウミヘビ、淡水イルカ、エビ、およびカニの生息地がありますが、岸辺に住んでいるのは巨大なトカゲです。 森林にはヤシの木、アイアンウッド、メラックウッド、マングローブが含まれ、クラウンハト、サイチョウ、オウムが生息しています。草地があり、ここに蘭が咲きます。 このような人を寄せ付けない風景の中で、アスマットは、マリンド・アニム族とミミカ族の隣に、これを彼らの家にしました。 これらの中で、アスマットは最もよく知られているか、最も悪名高いです。彼らは過去に彼らの文化と信念に従ってヘッドハンティングを実践した猛烈な戦士です。 しかし、彼らの複雑な文化を通して、彼らはまた、世界中のアートコレクターが最も切望している、強力なラインとデザインに代表される、世界で最も優れた木の彫刻のいくつかを作成しています。 それにもかかわらず、アスマット自身にとって世界最高の原始芸術の中でも珍重されているにもかかわらず、彼らの木彫りは精神世界と密接に関連しているため、主に美的オブジェクトとは見なされません。 […]

インドネシアの観光 バリエムバレーフェスティバルに行く準備ができました ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション バリエムバレーフェスティバルでは、地元コミュニティの自然の美しさとユニークな文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 この祭りは、パプアの中央高地であるバリエム渓谷に位置しています。この谷に生息する主な部族は、ダニ族、ヤリ族、ラニ族です。現在は近代化されていますが、ダニ族は依然として彼らの伝統と習慣、特に男性の服装を強く守っています。 政府は、自然の保護と森林の状態の維持に細心の注意を払っています。 環境もよく維持されています。 アクティビティ バリエムバレーフェスティバルを訪れて、私たちはユニークな伝統文化の日常的なコミュニティ活動を目撃します。そして、おいしいとおいしい料理ツアーの一部として特別な料理や食べ物があります。 この場所では、毎年定期的に開催される国内および国際的なイベントやアクティビティもあります。 大規模なバリエムバレーフェスティバルに参加することで、訪問者はフェスティバルに参加する各部族のさまざまな伝統を、西パプアの奥地の奥深くにある難易度の高いトレッキングをせずに直接学び、体験することができます。 祭りの期間中、カメラを準備してください。非常に多くの場合、見逃したくないユニークな瞬間に出くわします。千人以上の戦争参加者の中の多くは、外の世界に遅れないようにしたいので、派手なサングラスをかけながら、地元のレガリアで身を飾っています。昔の伝統に合ったトレンディな外観の個人的な広告です。 丁寧にあなたにポーズを求めてください。それは見逃せない珍しい時代錯誤です。フェスティバル期間中に行う必要があるのは、模擬戦争を観察して楽しむことだけです。 長くなればなるほど、槍と矢は敵に近づきます。ミスが近づくと、何百人もの観客からのro音が大きくなります。彼らは毎年これらの戦いに参加しており、参加者は毎年良くなっています。 祭りの後、訪問者はワメナのダニ市場を訪れ、ワメナから車で行くことができる伝統的なワウマ村を訪れることができます。 アイキマでは、250歳のミイラ化された村長、または2時間の登山の後、ダニの女性が何世紀にもわたって簡単に塩を作った塩泉をご覧ください。 基本的に、このフェスティバルでは、男性がコテカとして知られているペニスのひょうたんだけを着ることを見るなど、素晴らしい活動がありますが、この涼しい山の気候では、 女性は(草やシダ繊維のスカートを着用しながらもかかわらず、楽園やヒクイドリ羽の鳥の精巧な頭飾りで補完をSalI  または  サリーの腰の周りに投げ)。 […]

インドネシアの観光 カルステンツピラミッドまたはプンチャックジャヤに行く準備ができています ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション カルステンスピラミッドまたはプンチャックジャヤには、自然の美しさと地域社会のユニークな文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 プンチャックジャヤまたはザジャヤウィジャヤピークは、かつてカルステンツピラミッドと呼ばれた登山家にも知られ、標高4,844メートルで、何世紀にもわたり、特に冒険者や登山家がこれらの永遠の赤道氷河に到達することを誘ってきました。 1623年に遡るオランダの探検家、ジャンカルステンツは雪に覆われた山を目撃し、彼にちなんで名付けました。通常、自然の氷は暖かい赤道に沿って発達しないため、この自然現象は非常にまれです。 1939年から1962年、および1994年から2000年の間に、トリコラピークやメレン氷河などのいくつかの場所で氷河の顕著な後退が見つかっています。 しかし、大きな永遠の氷冠は、非常に素晴らしく、最も印象的なままです。 ハインリッヒ・ハラー(チベットの七年の著名な著者)。彼は常にパプアのジャヤウィジャヤピークに魅了されていました。 そして、1950年にチベットから戻ってから約12年後、ハインリッヒ・ハラーは3人の友人、テンプル、キッパクス、ホイジンガと共にピークを征服することを決めました。 1962年に、彼らは世界で7つの最も高い山の1つであるカルステンツ(ジャヤウィジャヤ)ピークの頂点に到達した最初の登山者になりました。 政府は、自然の保護と森林の状態の維持に細心の注意を払っています。 環境もよく維持されています。 アクティビティ カルステンスピラミッドまたはプンチャックジャヤを訪れて、私たちはユニークな伝統文化での日常的なコミュニティ活動を目撃します。そして、おいしいとおいしい料理ツアーの一部として特別な料理や食べ物があります。 この場所では、毎年定期的に開催される国内および国際的なイベントやアクティビティもあります。 アクセシビリティ Carstensz […]

インドネシアの観光 ワメナ高地に行く準備ができて ツアーや旅行を計画しているなら、スムーズな旅行、快適な宿泊施設、安いホテル、おいしい食事、安い飛行機のチケット、どこにでも近く、バイクや車を借りることができます。 アトラクション ワメナ高原には、地元コミュニティの自然の美しさと独特の文化があります。村(desa)、地区(kecamatan)、地区(kabupaten)、および地方レベルから始まる多くの独自性があります。 インドネシアでは、各州に異なる興味深い特徴があります。各州には、異なるユニークな文化とライフスタイルがあります。 ワメナ高地:他の究極のトレッカーのランデブー 多くの人がシャングリラの物語に魅了されています。旅行者の間で話をするとき、それは興味深く、魅力的で、ほとんど神秘的です。 ワメナと呼ばれる町は、パプア中心部のバリエム渓谷にある標高2,500メートルの山々に隠れており、他のシャングリラと呼ばれています。 ここで、ワメナは、霧を越えて村を訪れる前に、すばらしい旅の出発点として待っています。海抜1,600メートルのワメナは、家具付きの観光施設がまだあるパプアで最も高い場所です。 この点を超えて、人はより少ないものを期待し、予期しないものをより多く得る必要があります。現実は、インターネット上の最高の情報よりも説得力があります。 政府は、自然の保護と森林の状態の維持に細心の注意を払っています。 環境もよく維持されています。 アクティビティ ワメナ高地を訪れて、私たちはユニークな伝統文化での日常的なコミュニティ活動を目撃します。そして、おいしいとおいしい料理ツアーの一部として特別な料理や食べ物があります。 緑豊かな渓谷に囲まれたピークに立ち、ファジーなピークによって世界から遮られているのを想像してください。峡谷の下を流れる川は急いで流れています。 美しいバリエム渓谷は、1938年にリチャードアーチボルドが指揮した遠征で偶然発見されました。 ワメナの町は、19世紀から20世紀初頭の旅行記に記録されているように、農業部族に囲まれています。 近くの村で見つかった折り畳み式の位置に座っているミイラの存在は、バリエム渓谷の長年の農業慣行の証拠です。 ここでは、海がこの巨大な島の反対側にあるという事実にもかかわらず、地元の女性によって塩がどのように準備されているかを学ぶことも奨励されています。 […]